学校法人 長野日本大学学園
長野日本大学小学校
〒381-0038
長野県長野市東和田261-1
TEL.026-252-6121
FAX.026-243-7177
 

2019

 

2019

2019
フォーム
 
7月29日②
2019-07-29
 
7月29日
2019-07-29
 
あっという間の1日
2019-07-29
今日最後は、クラスの一員として集会に参加しました。
オーストラリアの国歌を斉唱して始まり、児童が進行する中、先週頑張った児童が表彰されたり、スポーツでよい成績をおさめた子の紹介をしたりして盛り上がっていました。
日本と同じように、校内で気をつけるべきことを確認する場面がありましたが、雰囲気は日本の様子と大きく違いました。
ケンモアの子どもたちに交じって参加していた日本の子どもたちは、なかなか理解できないなかでも、興味深くその様子を見ていました。
 
さて、いよいよ明日は最終登校日。
夜にはフェアウェルパーティがあります。
ホストファミリーと過ごせる夜もあと2回しかありません。
日本への恋しさもピークになってきているとは思いますが、みんな頑張っています!!
 
日本(長野)は梅雨明け宣言となったのでしょうか。
かなりの暑さだそうですね。
Brisbaneは毎日心地の良い気候ですので、帰国後の夏バテが今から心配です…。
皆さんも体調を崩さぬよう過ごしていただき、子どもたちの帰りを待っていてくださいね。
 
Stone Paint&Make A Crane
2019-07-29
午後はバディと一緒にArt Classです。
ツル作りと石にペイントする2つをやりました。
 
折り鶴の折り方は、日本人でも意外とできない子もいますね。
日本人=折り紙 というイメージが強いので、1つでもいいので折れるものがあるといいですね。
ちょっと苦手な子は、作り方の紙(英語)を見ながらバディと一緒に折っていました。
モノづくりは、英語での説明ができなくても「Like this.」といいながらやって見せればいいので、子どもたちにはぴったり!!
 
石へのペイントは、どんな模様にするかがなかなか決められないものですね。
ケンモアの子たちは、慣れているのかどんどんと自由に筆を進めていて、上手にリードしてくれました。
なかなか可愛い石たちが揃いましたよ♪
ケンモアの庭に並べて使っていただけるそうです。
 
 
Let's cooking!
2019-07-29
子どもたちの英語クラスを担当してくださっている先生は、Mrs.Ogata(おがたさん)です。
日本名をお持ちですが、日本人ではありません。
 
10年間ほど日本で働いていたことがあるそうで、実は流ちょうな日本を話すことができます。(子どもたちには内緒?)
 
今日の授業は、オーストラリアの伝統的なお菓子であるLamington(ラミントン)を作りました。
カステラのようなスポンジに、チョコレートクリームをたっぷりとコーティングして、ココナッツをまぶした甘~いお菓子です。
英語で表示された材料を読みながら、数量の言い方を勉強。
1/2(One half)や1Cupなど、料理ならではの表記もありました。
 
お勉強の後は実践!
待ってましたといわんばかりに、テーブルを囲んでCookingがスタート♪
大量の砂糖にビックリ( ゚Д゚)
お湯(boiling water)をはかったり、バターを溶かしたり、みんなで協力して混ぜ混ぜしたり…
スポンジにチョコクリームをコーティングするときは、大胆に手をチョコだらけにするのがコツ!
1人一つ手作りのラミントンができました♪
一口ほおばって・・・・
「あま~~~~い!!」「喉かわく~~~~!!」
 
確かに非常に甘いです。海外のお菓子だなと感じました・・・。
 
Smile♪
2019-07-29
 
Good Morning!
2019-07-29
おはようございます!!
Brisbaneは今日も素晴らしい天気です。
 
土日の二日間をどっぷりとホストファミリーと過ごした子どもたちの朝の顔です♪
 
ご心配ありません!
 
みんなBig Smile(^^)
 
週末はどう過ごすかな
2019-07-26
さて、26日のブログも終わります。
 
子どもたちはというと、先ほどの体育が終わることにホストファミリーのお迎えがやってきて、早々と帰っていきました。
これで週末になるので、2日間私たち職員とはお別れです。
 
「じゃ、また月曜日ねー!」と、元気に帰っていく姿を見ると、私たちのほうがちょっぴりさびしいかな。
 
 
・・・中には、ちょっぴり不安がある子もいたようですが、「楽しんでおいで!」と送り出すと、しっかりとうなずいて手を振ってくれました♪
どんな週末を過ごすのでしょうか。
月曜日に話すのが楽しみです。
 
こちらのブログも土日はお休みです。
また、月曜日に子どもたちの笑顔とともにお届けしたいと思います。
日本は台風が接近しているそうですね。
ひどくなければよいのですが・・・
 
みなさんの週末も素敵なものになりますように☆
おやすみなさい。
 
 
 
スポーツLesson
2019-07-26
楽しくも緊張した集会が終わり、午後の最後の授業は体育でした。
 
バディのクラスに入り、それぞれの担任の先生が主導して行っていました。
広い広い芝生の校庭では、一気に4つのクラスが授業をし、それぞれ別のことをしていました。
残念ながら、外の見学しかできなかったのですが、タグラグビー、ベースボール(練習)、キャッチボールと本当に様々です。
 
ケンモアの子どもたちを見ていると、とても落ち着いていて、先生の話をよく聞いています。
日本の子どもたちにとっては、意味が分からないとついつい友達とおしゃべりしてしまいがちですが、こちらの子どもたちはしっかりとけじめがつけられていて感心します。
日本の子どもたちには、この期間の中でそうした学ぶ姿勢の違いにも気がつくことができたらいいなと思っています。
 
お弁当事情
2019-07-26
日本の子どもたちが大好きな時間の一つといえば、給食。
3時間目が終わるころには、「お腹すいたー!」という声が聞こえてくるのがお決まりですよね。
 
ケンモアの子どもたちからは聞こえてこないのです。
 
なぜ?
・・・・おそらく、お腹がすく暇がないのです。
 
一日の過ごし方を大雑把に言うと、【遊んでいるか、本を読んでいる(聞いている)か、食べているか】(私の印象です)
 
11:00からMorning Teaと呼ばれる時間があって、自宅から持ってきたランチボックスを片手に外へ食べに出かけるのです。
日本よりずいぶん早いなぁと思うと、午後にもランチボックスを片手に食べに出かけていく姿が!?
何かと思えば、13:40からLunch Time ( ゚Д゚)
 
そうなんです。朝9時からの授業開始から15時の下校までの間に2度の食事時間があるのです。
 
日本のように【1日3食それぞれしっかりと食べる】という習慣ではなく、【少しずつ複数回に分けて】という習慣。
昨日この習慣を目の当たりにした日本人の子どもたちですが、ホストファミリーから持たせてもらったランチボックスを嬉しそうに抱え、上手に量を調節して食べていました。
食事内容も各家庭さまざまで、フレッシュフルーツ(バナナやオレンジなど)やサンドウィッチだけでなく、ケーキやスナックを持たせるのも主流です。
校内には日本で言う購買(タグショップ)があって、自分で買って食べる子もいるようです。こちらはアイスも売っているので、日本の子どもたちにとっては、給食というよりもおやつが2回もある印象のようです。
 
 
 
 
 
2
<<学校法人 長野日本大学学園>> 〒381-0038 長野県長野市東和田261-1 TEL:026-252-6121 FAX:026-243-7177