長野日本大学中学・高等学校、長野小学校、あかしや幼稚園を運営する長野日本大学学園のホームページです。

 

教育方針

 

教育方針

教育方針
 
学力の向上はまず人づくりから。 
本校では、節度ある学校生活を送らせることが学業を伸ばす基本であるという建学の理想をもって、苦しさに耐えることのできる厳しい人間教育と、責任感の養成を第一に考えています。そして苦しみの中から喜びを見い出させる教育が本校の指導方針です。高校生らしい節度ある学校生活によって、各自の生活態度や学習に対する心構えが自らできるものであり、「学力の向上はまず人づくりから」この一貫した考え方が、本校教育の底流をなすものです。この教育方針のもとに学習指導面、クラブ活動面、生活指導面等のあらゆる学校生活を通して徹底指導をしています。
 

本校の特色

本校の特色
 
 
(1) 本校は昭和34年(1959年)に長野県・長野市の強力なご支援と地域の熱望によって設立された男女共学全日制普通科高等学校です。
(2) 本校は日本大学の系列校であり、日本大学への進学を中心に、医学・歯学・薬学系をはじめ、文系・理系を問わず、国公立大学・他私大等の難関大学への進学をめざします。
(3) 生活指導の充実をめざし、節度ある学生生活を送らせることが学業を伸ばす基本であると考えています。
(4) 「学力の向上はまず人づくりから、クラブ活動の向上は人間教育にあり」の信念のもと、生徒には「親切・公平・寛大」に接し、基本的生活習慣を身につけた、円満で品位ある生徒の育成に全力を注いでいます。
 

教育の理念

教育の理念
 
  「卒啄同時」(そったくどうじ)と言う言葉があります。卒啄同時とは、「まことに得がたい好機」という意味です。「卒」とは鶏の卵が孵化する時に、雛が殻を破って外に出ようとして卵の中から殻をコツコツとつつくことであり、「啄」とは卵を抱いている雌鳥が外から時を同じくして殻を突き破ることをいい、両方の呼吸がぴったりあうことをいったものです。
 早すぎず、遅すぎず、まさにこの時というタイミングが卒啄同時であり、自然の摂理の巧妙さに、ただただ驚かされるばかりです。
 教育活動には、生徒それぞれの発達・成長段階における教育の適時性というものがあります。このように、生徒自ら「教えを乞う(こう)」姿勢を身につけさせ、教える側の教師はこれに情熱を傾け、学ぼうとする生徒の意欲と、教えようとするわれわれ教師の熱意が相熟し合体して、大きな成果が期待できます。このことを本校の教育理念として教育に当たっています。