qrcode.png
http://www.nagano-nichidai.ed.jp/naganosho/
モバイルサイトにアクセス!
学校法人 長野日本大学学園
長野日本大学小学校
〒381-0038
長野県長野市東和田261-1
TEL.026-252-6121
FAX.026-243-7177
054686
 

4年生

 

秋の遠足(10.26)

秋の遠足(10.26)
 
台風や長雨の影響で、延期になっていた秋の遠足。
待ちに待ったこの日は、とても良い天気に恵まれました。
真っ青な空に、山々の紅葉が映えて、素晴らしい景色を眺めながら歩みを進めました。
 
今回の遠足は、黒姫高原から新潟県境を超え、妙高市にある日本の滝百選「苗名滝」を目指しました。
その距離、約8㎞。高低差もあり、手ごたえ(?)のあるルートです。
さらに、前日まで、雨や霧があったので、足元が悪い部分もありましたが、気をつけながら歩いたり、小さな湧き水のところが、ちょっとした流れになっていて、ひやひやしながら渡ったり、冒険度が高くなっていました。
 
苦労しながら、たどり着いた苗名滝の見事な景色に感動!
滝を眺めながらのお昼をとりました。
 
(児童の感想より)
山が紅葉で赤くそまっています。山道では黄色や赤色のじゅうたんの葉っぱが雨にぬれていました。一本橋では、バランスがとれなくて川に落ちそうだったけど、うまくわたれました。
二・三本目の橋はたきがきれいでした。こわかったことは、橋がグラグラしたことで下を見るともっとこわかったからです。
(男子)
 
歩いていたら、土がぬかるんでいて、くつがドロドロになってしまいました。わたしは、これはひどいな~とおもいました。でも、そこは、どんぐりやくりやおちばがおちていて、とても秋らしかったです。
信濃路自然歩道を出て、一ぱん道を歩きました。一ぱん道の周りには、ススキがたくさん生えていて、とてもすてきでした。
(女子)
 
無事になえなのたきにとう着しました。たきは、こう葉している木の間からいきおいよく流れていました。そして水しぶきがあがっていました。もう少し日が当たっていればきれいなにじが見えたと思います。
おべん当は岩がたくさんある所で食べました。岩が屋根みたいになっていて、おべん当がおける所で食べました。こう葉とたきを見ながら食べるおべん当は特別においしかったです。
(男子)
 
目的地についたとき滝が見えました。山はこうようがきれいでそのどまん中に滝があってきれいでした。ですが水が少しにごっていました。そのころちょうどはれて天気がよくなったのでよかったです。おべん当を食べる時はいい所が見つかったのでそこにしました。きれいな滝を見ながら食べたのでうれしかったです。
(男子)
 
 
 

保健の授業がありました。

保健の授業がありました。
 
私たちは、どれくらいの大きさで生まれ、どんな風に成長してきたのでしょう?
今、みんなは4年生ですが、全員同じですか?
違いますね。
一人ひとり、生まれた日も、時間も、重さも身長も、生まれ方も違っています。
そして、いまも、同じ4年生でも、身長も体重も違います。
これを、「個人差」といいます。
こんな風に、保健の授業は始まりました。
生まれたときの、平均体重・平均身長に作られた人形を抱っこしてみて、自分たちが生まれたときの様子を想像しました。
みんな違うけど、みんな4年生。
 
そして、これからたどっていく大まかな流れは一緒ですが、それが起こる時期には差があります。
これも「個人差」です。
では、人と違っていて困っていたり、心配している人がいたら、なんと声をかけたらよいでしょう。
 
4年生がこれから自分の体に起こりうる、「第二次性徴」という変化について学びました。
少し恥ずかしい気持ちもありつつ、お互いを理解するのに大切な体の変化について、真剣に学びました。
 
 
 

国語「夏の風景」

国語「夏の風景」
 
2学期が始まり、授業もいつも通りに進んでいます。
2学期最初の国語の時間では、「夏の風景」という授業を行いました。
夏の季語を確認し、新しい言葉については辞書や解説で学習を深めました。
最後に、この夏の思い出を俳句にしました。
どんよりとした天気が続いたこの夏でしたが、4年生のみんなはそれぞれに夏を楽しんだ様子でした。
作品のいくつかを紹介します
 

7月15・16日 妙高宿泊体験学習

7月15・16日 妙高宿泊体験学習
 
1学期ももうすぐ終わり!その前に、大きな宿泊行事がありました。
妙高青少年自然の家にて宿泊体験です。5年生と一緒の行事でした。縦割り班ということで、先輩と協力し、班長を支えてみんなで活動する大変さ、そして充実感を味わってきました。
1日目は、日本海まで出て、イカやトビウオをさばく体験をしました。当初予定されていた地引網体験は、残念ながら雷が鳴っていて、波が荒れていたため中止となってしまいました。子どもたちはとても残念そうでしたが、自分で魚をさばく体験も貴重で楽しむことができました。包丁を持ってさばくのも、串を指すのもちょっと手元が震えてしまうような…その後、炭火で焼いたイカと魚をおにぎりとともに頂きました。とても美味しかったです!
また、糸魚川にあるフォッサマグナミュージアムを見学し、地面の下で何が起こっているのか、学芸員さんのお話しを聞いたり、展示物から学習したりしました。また、勾玉を作る体験もし、石をやすりで磨いて思い思いの形に作り上げていきました。
自然の家では、キャンプファイヤーをしました。フォークダンスの練習を出発準備の段階でしていました。その時も楽しかったのですが、やはり夕暮れの中、火を囲んで行う本番はドキドキもワクワクも最高潮!とても楽しく踊ることができました。
部屋割りも、5年生と混合です。ドキドキしながらも、楽しい夜を過ごせました。
2日目は、朝のつどいからスタートです。他校の人たちと一緒に朝の集いをし、体操をして体と頭を目覚めさせました。
お昼の飯盒炊飯では、煙に涙を流しながらも、カレーライスを完成させました。自分たちで苦労して作ったカレーは格別でした。
自然の家を出発後、妙高の名所の一つ「いもり池」を散策しました。睡蓮の咲く池の周りをそれぞれのペースで歩き、自然を味わいました。
 

6月19日 警察署見学

6月19日 警察署見学
 
社会「事故や事件からくらしを守る」という単元の学習のため、長野中央警察署に見学に行きました。
まず、県内の道路を管理することで事故を減らしている交通管制センターを見せてもらいました。
大きなパネルがあり、県内の主要な道路が描かれていました。パネルの両側には、現在の道路の様子が映し出されていました。これらは、渋滞や交通状況を把握するために道路に設置されたセンサーやカメラから情報が送られてくるものです。そして、管制センターで把握した交通状況は同じく道路に設置されたセンサーから各車のカーナビに送られたり、ラジオなどで情報提供されたりして、私たちに伝わるようになっています。また、渋滞の激しい箇所については、管制センターで信号の調節をして渋滞緩和を図っているとのことでした。
自分たちのくらしが、このように支えられていることを知り、「すごい、すごい」と口にする4年生でした。
その後、事件の会議にも使われるという大会議室にて、警察官の持ち物・服装について教えてもらいました。基本の服装の他、交番のおまわりさんの服装、事件が起きた時に装備されるものなどを見せてもらったり、着させてもらったりしました。
また、交通安全課の方からは、交通事故が身近な危険であること、当たり前に家に帰ってくることがどれだけ大切なのかということ、その当たり前を守るためにできることなど、実際の写真などを見せてもらいながらお話しをいただきました。みんなは、話が進むにつれ、当たり前の毎日の大切さ、貴重さなどを強く感じているようでした。
最後には、本物のパトカーを見せてもらい、乗せてもらうこともでき、とても嬉しそうにしていました。
長野中央警察署のみなさん、お忙しいなかお時間をいただきありがとうございました!!
 
 

6月13日 信濃グランセローズとの交流

6月13日 信濃グランセローズとの交流
 
長野で活躍する野球チーム、信濃グランセローズ。お忙しいなか、4年生のために野球の楽しさを伝えに来てくださいました。
投げるコツやバッティングの楽しさなど、本職の方に教わるからこそ分かることもたくさんあったようです。
最後は、集合写真を撮り、サインのお願いに集まる子どもたち。
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、別れがたい気持ちがあふれていました。
 

5月19日 消防署見学

5月19日 消防署見学
 
 社会の「火事からくらしを守る」という単元の学習を深めるため、長野中央消防署に見学に行きました。
 この消防署、この春にできたばかりのピカピカの消防署でした。
 県内でも数少ない屋内訓練施設を見せてもらうことができました。屋内訓練場だと、天候を気にせず訓練ができるということに加え、 大きな声で訓練を行いますが、その声がご近所迷惑にならないか、ということを気にせずできるということもメリットだと教えていただきました。
 実際の訓練の様子を見せてもらいましたが、ロープの上や下をスイスイと渡る様子にとても驚いた様子の児童たちでした。また、きびきびとした行動に感動していました。
 消防署の外では、消防車を実際に見せてもらい、中に積まれている道具について説明してもらったり、防火服について説明してもらったり、着せてもらったり。普段間近で見ることのできない数々の道具に目を輝かせていました。
 最後、質疑応答のあとに消防士さんから「将来、消防士になる人?」の問いに、ハイ!と手を挙げる子が数名。半日の見学でしたが、 消防士の方々のプロ意識や素晴らしい姿に触れたことによって憧れを抱いたようです。
 「人の役に立つ仕事ってかっこいいね」と話していました。
 長野中央消防署のみなさん、お忙しい中お時間を作っていただき、ありがとうございました!
 
 

5月11日 春の遠足

5月11日 春の遠足
 
小雨の中となった春の遠足。みんな黄色いカッパを着て出発しました。
最初の休憩場所までは、降ったり止んだりでしたが、公園を出発するころには太陽が見え始め暑さも増してきたことから、思い切って黄色を脱ぎ捨て出発!
次の休憩場所は、大きな公園だったので草むらでビニール袋ソリをしたり、生きもの探しをしたり、小休憩ながら楽しい時間になりました。
最終目的地の前に、広いリンゴ畑があり、農家さんにお願いしてリンゴの花のスケッチをさせてもらいました。リンゴの実はよく知っている子どもたちですが、花を見るのは初めてという子が多く、嬉しそうに花を見つめていました。「かわいい!」という声が多く聞こえました。
最終目的地は北部レクリエーションパークです。お昼を食べ、パーク内の遊具であそび、草むらでカナヘビ探しをし、おやつ交換をして過ごしました。3年生と一緒の遠足ですが、学年を超えて楽しく遊ぶことができました。
 
 

4月20日 避難訓練

4月20日 避難訓練
 
 今年度最初の避難訓練がありました。
 今回の想定は地震。避難の心得「おかしも」に気をつけ、みんな真剣に非難しました。
 33人のクラスになって最初の避難訓練。昨年度までと違って、整列も移動も人数が多くなっていることに、少し戸惑いも感じたようでした。
 訓練後には、学年代表が2名ずつ消火訓練をしました。4年生の代表の二人も、大きな声で「火事だ!」と叫んだり、消火器の手順を確認しながらしっかりノズルを握りしめたり、立派な姿を見せてくれました。
 地震や火事は起きないのが、最良ですが、もしも、万が一起きてしまった時、誰一人負傷することなく避難できることが一番ですね。その心の準備ができた訓練になりました。
 

4年生スタート!

4年生スタート!
 
いよいよ4年生がスタートしました。
今年は、入学の時と同じくらい大きな変化があります。
それは、クラスが一つになるのです!
3年間隣どうしで交流を深めてきた33名ですが、
同じ教室で一日一緒に過ごすのはこれが初めて。
分かっているようで、よくわからない隣のクラスの友だち。
そして、33人に増えたことで、いつもの友だちも少し違って見えたりして。
ちょっとドキドキの四月でした。
今年一年、どんなことが起こるかな…
楽しみですね!
 
※写真は、4月当初、満開の桜の下で撮ったものです。
欠席がいて、全員揃わなかったのが残念です。。
<<学校法人 長野日本大学学園>> 〒381-0038 長野県長野市東和田261-1 TEL:026-252-6121 FAX:026-243-7177