2年生

 

冬の鬼無里自然体験(2.17)

冬の鬼無里自然体験(2.17)
 
鬼無里自然体験も4回目。
早く大好きなおじいちゃん、おばあちゃんに会いたくて、みんなうずうずしていました。
本当のおじいちゃん、おばあちゃんのようにたくさん甘えて、たくさん楽しくお話してきました。
 
冬の鬼無里は、ダムや川も凍りつくほどの寒さ。
雪もたくさん積もっていました。
しかし、その日は不運にも雨。
鬼無里の方々も
「この時期に雨が降るなんて…」
と残念そうでした。
晴れであれば、そり遊びやかまくら作り、雪だるまなどたくさんの遊びをしようと準備していただいていました。
児童もそのつもりでいたので、とても残念そうでした。
 
そんな中でも、雪遊びを敢行したお家もあり、また家の中でできる貴重な体験をさせていただいたお家もあり、天気に負けない自然体験ができました。
 
お家の中では、やしょうまを作ったり、手打ちそば体験をさせてもらったり、薪割りをしたり。
また、鬼無里について教えていただいたり、鬼無里伝説を読み聞かせしていただいたり。
 
とても楽しかったようです。
今回で、鬼無里自然体験は最後。
みんな別れを惜しんで、なかなかバスに乗り込めずにいました。
 

お家の方からのお手紙

お家の方からのお手紙
 
生活科の授業で、「おおきくなったわたし」という単元を学んでいます。
生まれたころの自分、赤ちゃんのころの自分、幼稚園・保育園のころの自分、と家族や恩師にインタビューをすることを通して、成長をたどってきました。
あかちゃんのころの自分を見つめなおすのは少し照れくさかったり、家族の愛情を実感したり。
家族の大切さ、ありがたみをじんわり感じていたところに、お家の方からのサプライズ。
これまでの思いをぎっしり詰め込んだ、大切なお手紙をいただきました。
 
一人ずつ、集中して読みました。
教室には紙をめくる音だけが聞こえる時間が流れました。
しだいに鼻をすする音が…目を赤くしている児童もいました。
お手紙を読んで、ぐっとくるものがあったようです。
 
「お父さん、お母さんの気持ちがわかってよかった」
「お父さんやお母さんは、自分のことが嫌いで怒っているのではないと分かった」
「叱られたら、ちゃんと言うことを聞こうと思った」
「たからものと言ってもらえてうれしかった」
など、自分たちを見守ってくれる大切な存在の思いを知ることができました。
 
 

味噌づくり体験(11.14)

味噌づくり体験(11.14)
 
以前にみそ工場を見学させていただいた糀屋本藤醸造舗さんを講師としてお招きして、みそづくり体験をしました。お家の方にもご協力いただきました。
 自分たちで作った大豆が、どのようにしてみそになるのか、興味津々でした。カラカラで小さかった大豆が、煮てふやかすと、ふっくらツヤツヤに変わることにまずビックリ。また、煮た大豆を味見させてもらい、その自然な甘さにも感動していました。
 大豆をつぶす感じ、糀をほぐす手触り、塩をまぜたら手がしみること、そのどれもが新鮮な体験だったようです。子どもたちは楽しみながら学習することができました。味噌は、暖かいところにおいて、3,4か月で食べられるようになり、その後も熟成が進むので、好みの熟成具合を楽しむことができます。子どもたちは、待ちきれない様子で、休み時間のたびに味噌をいれたペットボトル容器をのぞき込み「熟成進んだかな~」と話していました。食べられるようになるのが、楽しみです。
 
 

第3回鬼無里自然体験(10.28)

第3回鬼無里自然体験(10.28)
 
 2年生になって、3回目となる鬼無里に行ってきました。秋の鬼無里は、山は赤・黄・緑と紅葉が美しかったです。また、足元には、菊が色鮮やかに咲いていました。
 どのお家でも秋の収穫のお手伝いでした。共通していたのは、マメの収穫でしたが、インゲン豆、花豆、パンダ豆、黒豆とその種類は異なっていて、鬼無里の豊かな実りを感じました。秋の定番、サツマイモを収穫しているお家もありました。少し肌寒かったですが、みんな元気にお手伝いをしていました。
 
 

ハロウィンパーティ(10.31)

ハロウィンパーティ(10.31)
 
  楽しみにしていたハロウィンパーティ。これは、英語の授業の一環です。英語で話すこと、そして英語圏の文化を体験を通して楽しく学ぶことを目的としています。
 また、楽しむ側、楽しませる側の両方を体験しました。お菓子を入れるカボチャのかごを手作りしたり、飾りつけを作って、貼ったり、プレゼントのお菓子を手作りしたり。どれも、招く1年生が楽しんでくれるかな、ということをいつも念頭に活動しました。そんな、準備の活動を通して、よりパーティが楽しみになりました。
 さて、パーティ当日は2時間連続英語の時間。3時間目は、2年生だけでパーティです。ハロウィンに関する歌を歌いました。絵本もハロウィンのものを読んでもらいます。なぜ、ハロウィンという行事があるのか、ということも学びました。そしてお楽しみ。隠れた先生たちを見つけて「Trick or treat!」。これは、先生たちから“全部英語で!”という課題をもらったので、覚えたての英語も使いながら一生懸命しゃべりました。
 4時間目は、1年生を迎えて一緒に歌って踊りました。歌は、ゾンビになったり、ガイコツになったりという歌詞で、一斉に練り歩くのでなかなかの見ごたえがありました。そして、今度は自分たちが隠れて、一年生に見つけてもらう番。見つけやすいところ、見つけにくいところ、いろいろ考えながら隠れました。一年生に見つけてもらって、お菓子をあげて、仲良く英語教室に戻りました。最後は、お楽しみのおやつ。「Yummy!」と言い合いながらお菓子を食べました。
 ハロウィンの衣装は、各ご家庭で用意していただきました。普段とは違う姿は、みんな可愛くて、おしゃれで、とても盛り上がりました♪
 

高校生とクッキーづくりをしました!(10.27)

高校生とクッキーづくりをしました!(10.27)
 
10月31日に予定されているハロウィンパーティーにむけて、クッキーを作りました。
今回は、異学年交流ということで、なんと高校3年生と一緒に!
その年の差、10歳。
小学校内のお兄さん、お姉さんよりさらに年上の大人なお兄さん、お姉さんとのクッキーづくりに、2年生たちは大喜び♪
高校生たちも、見守るような優しい目で、2年生と一緒に作ってくれました。
班ごとに、成形したのですが、班によってはハロウィン向けの型抜きを持ってきてくれたお姉さんもいて、パーティーに向けた気持ちも盛り上がりました。
今回作ったクッキーは、自分たちで試食したほか、パーティーに招く1年生にプレゼントします。
 「よろこんでくれるかな♪」
出来上がったクッキーを袋詰めしながら、ワクワク、ドキドキ顔の2年生なのでした。
 
 

図工「あつめて、ならべて、いいかんじ」(10.18)

図工「あつめて、ならべて、いいかんじ」(10.18)
 
図画工作の時間に、秋の遠足で集めてきた落ち葉を使って、作品作りをしました。
薄い和紙に、落ち葉やすすきを並べたり、ちぎったお花紙を一緒に使ったり、それぞれ創意工夫しました。
意外だったのが、お花紙をちぎったり切ったりせずにそのまま使った子が数名いたこと。
その重なりぐあいを楽しんで作っているようでした。
出来上がった作品は、光に透かして鑑賞しました。
「わあ、きれい!」
一斉に、声が上がりました。
光を通すことによって、葉の色と紙の色が重なり合って、また違う色合いを見せてくれていたのでした。
どの作品もとても素敵に仕上がりました。
 

みそ工場見学(10.17)

みそ工場見学(10.17)
 
生活科の大豆の学習の総仕上げ、味噌の仕込みに向けて、みそ工場へ見学してきました。
今回お世話になったのは、お隣須坂市にある糀屋本藤醸造舗さん。

味噌の材料となる、大豆、米、塩を見せてもらい、米はどのように糀になるのかを教えてもらいました。
出来上がった糀を一口ずつ味見させてもらい、軟らかくて甘そうな見た目とは裏腹に、ちょっと硬くて甘味もほんのりとしていることに驚いていました。
「あ!でも、食べていると甘くなる!」
そういう気付きも面白いです。
 
味噌を仕込む樽も見せてもらいました。
大人の男性よりも高い、大きな樽を見上げて「わあ~・・・」とても大きかったです。
樽の中の様子も見させてもらい、たくさんの重しがあるのを見て、これもまた驚きました。
 
最後に、お店の中でお味噌汁を試飲させてもらい、そのおいしさに感動!
何倍もお代わりしたくなるほどおいしかったです!
 
味噌は11月に仕込む予定です。
おいしい味噌になるか、仕込む前の今から楽しみです。
 
 

秋の遠足(10.14)

秋の遠足(10.14)
 
秋の須坂動物園・百々川・須坂アートパークへ遠足に行ってきました!
春に引き続き、1,2年生合同です。
今回は、1年生と2年生で班を作り、動物園内は班行動にしました。
2年生のみんなは、1年生とはぐれないように、1年生がちゃんと楽しめるように、工夫し、心を配っていました。
 
例えば・・・
出発前の事前学習で、班の顔合わせをしたときに、班ごとに決まりを3つ作りました。
そのときに、「1,2年でペアを作り、手をつないで行動する」とか、「1年生と2年生が交互に並んで歩く」などの決まりを作っていました。
 
また、園内を歩いているときも、自然に1年生の背中を押してあげたり、歩くのが遅い1年生の後ろから歩いてあげたりなど、担任団が思う以上に上級生としての心配りができていました。
 
最初は緊張して歩いていた2年生のみんなも、時間を追うごとに緊張がとれ、笑顔が増えていきました。
 
動物園からほかの場所に移動し、班行動ではなくなっても、自然と1,2年生が一緒に遊ぶ姿が多く見られ、仲良くなれてよかったな、と思う場面でした。
 
動物園では、ふれあい体験ということで、モルモットを抱っこさせてもらい、ウサギをなでることができました。モルモットは、飼育員さんに膝の上に乗せてもらったので、ほとんどの子が触れました。しかし、ウサギはピョンピョン跳ねているところに近づいて行って触らなくてはならなかったので、ちょっと怖さが勝ってしまって、ドキドキしたまま時間切れ。触れずじまいの子もいました。
みんなの歓声が上がった動物は、フクロウ、ベンガルトラ、トナカイなど見ごたえのある動物が多かったように思います。ウサギやペンギンは、「かわいい!」という声がよく聞こえました。
 
百々川沿いでお昼を食べてから遊び、みんなで百々川の飛び石を渡り、アートパークではどんぐりや落ち葉拾いをしました。
 
たくさん歩いて、たくさん遊んで、そして秋をたっぷり堪能して帰ってきました!
 

ついに大豆の収穫です!(10.7)

ついに大豆の収穫です!(10.7)
 
さわやかな秋晴れの今日、やっと大豆の収穫ができました。
 
一人一株を根こそぎ抜いて、根を切り落とし、ビニールシートに広げました。
まだ、さやが乾ききっていないので、脱穀まではできません。
さやが乾くと、振ったときにカラコロと音がします。
そこまで乾燥できたら、さやが弾けて大豆が飛び出してくるのです。
すでにさやから飛び出した大豆もあり、いくつも地面に落ちていました。
これまで成長を見守ってきた2年生たちは、一粒たりとも見落とすまいと一生懸命拾っていました。
 
やっとできた大豆の収穫。
2年生はとてもうれしそうでした。
 
このあとは、大豆を味噌に仕込みます。
とても楽しみです♪
 

最後の観察(10.3)

最後の観察(10.3)
 
大豆の観察をしました。
これが最後の観察になります。
 
「初夏に種をまいた大豆は、今、どうなったかな?」
と声をかけると、
「茶色くなった!」
「黒いよ!」
「葉っぱはまだ緑だね!!」
「ちょっと緑が薄くなってる気がするよ!」
と口々に気が付いたことを言ってくれました。
 
もうじき収穫。
たのしみです。
 
収穫は晴れの日が数日続いて、さやや実が乾いていないといけません。
今年は、秋の長雨のせいで、なかなか収穫に踏み切れず。
さわやかな秋晴れが、待ち遠しい2年生とダイズなのでした。
 

図工「にじ色コレクション」(9.30)

図工「にじ色コレクション」(9.30)
 
色水を作ってそれらを混ぜ合わせ、いろいろな色を作ってみました。
 
ペットボトルに単色の絵の具で色水を作り、光に当てたり、さまざまな角度から見たりして、色水がどんな風に見えるのか、確かめてみました。
その次に、色水どうしを混ぜ合わせ、自分のお気に入りの色を作りました。
 
最初は手さぐりに、思うままに、色を混ぜ合わせていった2年生たち。
そのうち、お気に入りの組み合わせを見つけると、より自分の好みにあうように、分量を調節していきました。
 
「先生、見てみて!これは、緑と黄色が1ずつで、これが緑2に黄色1、それでこれが緑が3で黄色が4なんだよ。微妙に色が違うのがわかる??」
確かによくみると、黄緑色でもわずかに色が違います。
「お気に入りはどれ?」と尋ねると、「これ!」と目の覚めるような黄緑色を指してくれました。
 
どの子も、そんな風にいろいろな割合で色水を混ぜ合わせお気に入りの一色を作りました。
お気に入りの一色は、おなじみ魚の形の醤油入れに吸い込ませて、「色水サンプル」にしました。
当然ですが、どれひとつとして同じものはなく、個性あふれる2年生と同じだなあと感じました。
 

浅川ボランティア清掃(9.5)

浅川ボランティア清掃(9.5)
 
夏に、川の生き物を探しに行った浅川。
そのときに、生き物だけでなく、たくさんのゴミも川の周辺にあることに気付いた2年生。
このままではいけない、生き物がかわいそう、という思いを抱きました。
 
そこで、川で楽しませてもらったお礼に、浅川周辺をきれいにしよう!ということになりました。
ふたたび浅川へ。
きれいにしようと思って見てみると、考えていた以上にゴミがたくさん。
「こんなにタバコって落ちてるんだね!」
「なんで捨てるんだろう。」
「え、先生、パソコンまで落ちてるよ。」
「空き缶だらけだよ~。」
「食べたゴミは自分で捨てればいいのに。」
2年生は、口々に浅川のゴミのひどさを訴えてきます。
それはまるで、浅川にいる生き物たちの声を代弁しているかのようでした。
そして、きっと捨てたであろう大人と同じ大人として、教師陣は恥ずかしさも覚えました。
 
1クラス1時間弱のゴミ拾いでしたが、たくさんのゴミが拾えました。
 
少しでも、浅川の生き物たちへのお礼ができていれば、と思います。
 

自由研究の発表(8月~9月)

自由研究の発表(8月~9月)
 
夏休み中に各々が行った自由研究、自由工作、新聞。
それについて、朝や帰りの学活や隙間時間を使って、順に発表を行いました。
 
自由研究では、ハスの成長を観察したり、世界の楽器を調べてまとめたり、運動と心拍数の関係を調べたり、鉄道について文献やインタビューで調査したり、マンモスとナウマンゾウとゾウの違いを調べてまとめたり、施設によって明るさの違いはどれくらいか調べたりと、ほかにもたくさん、時間も手間もかかっている研究ばかりでした。
自由工作は、ただ作るだけでなく、作った工程を紙にまとめ、発表の準備もしてあります。家の模型や段ボールで作った迷路など力作ぞろいで、ひとりひとりの趣向が生かされた作品でした。
新聞は、身の回りのことについて取材をしてまとめました。大好きなキャラクターについて、あるいはおばあちゃんの梅干しについて、などジャンルはさまざまですが、しっかり取材もしてあり、記事の割り付けや構成なども目を見張るものでした。
 
発表会では、本人の発表のあと、質問・感想を述べる時間がありました。たくさんの挙手があり、自分の作品だけでなく、ほかの人の作品にもしっかり興味・関心をもって聞くことができる態度が育っていることを感じました。
 

大豆の観察をしました(8.29)

大豆の観察をしました(8.29)
 
春からダイズを育ててきた2年生です。
夏休みがあけ、花から実へ姿を変えた大豆の観察をしました。
 
朝、「ダイズ、どうなってる?」と聞くと、
「エダマメになってるよ!」
「おいしそうだよ!」
「先生、食べたい!!」
と、大事に育ててきた大豆への″食べちゃいたいくらい”の愛情を表現してくれました。
 
今日は、大豆のさやがどのようになっているか、をメインに観察します。
ついつい、下から描いたり、葉から描いたりしてしまう人も。
先生から、「今日、一番見たいのは大豆のさやだから、大豆のさやから描こうね!」とアドバイスされると、用紙いっぱいに大きな大豆のさやを描くことができました。
 
「ぷくぷくしててかわいいね♪」
「三つも入ってるよ!」
「たくさんできて、うれしいね」
と、豊作を予感できそうな元気な声がたくさん聞こえてきました。
 
 

第2回鬼無里自然体験(8.25)

第2回鬼無里自然体験(8.25)
 
2学期開始二日目ですが、校外学習で、夏の鬼無里に行ってきました!
夏と言っても晩夏。すこし秋を感じさせる風が吹いていました。
 
児童たちは、春にお世話になったお宅へ再訪問。
約2か月半ぶりの再会を喜びました。
なかには、今日の日を楽しみにしていて、おじいさん、おばあさんに手紙を書いたり、折り紙を折ってプレゼントを用意したりしてる子も。
 
それぞれのお宅では、夏野菜の収穫を体験したり、出荷のための袋詰めやバーコード貼りをしたり、スイカ割りをしたり、電気柵を取り付けたり。
 
お昼には採れたて野菜をふんだんに使ったメニューをいただき、堪能しました。
 
とても楽しかったようです。
 
〔子どもたちの感想より一部抜粋〕
 のうぎょうたいけんでスイカわりをして、さいしょはぜんぜんわれないけど、○ちゃんがやったらどんどんわれて気もちよかったです。(女子)
 
 きなさではカッリカッリのきゅうり、あまくておいしいせんべい(にらなし)、そしてトマトしゅうかくでトマトをたくさんつみました。そのあと、ふくろづめをして、「どうしてきれてんですか」と言ったら、「あまさがパンクしたんだよ」といいました。だからあまいのが多いんです。(男子)
 
 
 

2学期が始まりました!

2学期が始まりました!
フォーム
 
始業式です。
2016-08-24
約1か月ぶりに、顔を合わせた2年生たち。
ちょっとドキドキ、ちょっとソワソワ。
それは、新学期への期待と、夏休みの楽しい思い出と。
 
でも、気持ちを引き締めて、始業式に臨みました。
 
始業式では、2年生の一人が代表として、2学期の目標を発表しました。
苦手なことを挙げ、どう苦手なのか、なぜ苦手なのか。
そして、それを克服するために、何をどのようにどれくらい頑張ればいいのか。
しっかりとまとめて発表することができました。
 
ほかの2年生も、そんな代表の友達の姿をしっかり見つめて、自分の決意を新たにすることができました。
 
 
始業式後の教室です。
2016-08-24
始業式が終わって、教室では通知表の返却や宿題の提出などが行われました。
 
たくさんの宿題がありましたが、みんなしっかり取り組めたようです。
 
定番の夏休み帳や日記、漢字練習。
本校ならでは、なのが、「俳句5首」の宿題。
1学期に、副校長先生と国語の授業で俳句の勉強をしました。
その学習をもとに、夏休みの思い出を、17音にまとめました。
どんな仕上がりになっているか、楽しみです。
 
提出物の確認が終わった後は、2学期始動のための活動です。
新しい係を決めたり、2学期の目標を書いたり。
いよいよ、2学期が本格的に始まります。
 
2学期も、笑顔いっぱいで、仲良く、元気に、頑張ります!!
 

プール写真館

プール写真館
 
プール初日です。
ドキドキ・・・ワクワク♪
 
先生の指示をしっかり聞いて・・・
 
よゆうのピースv
 
じゃんけんの上を行く、
「あっち向いてホイ!」
 
わーい♪
水かけっこ~~~!!!!
 
蹴伸びのポーズ。
これ、とっても大事。
 
蹴伸びのポーズその2
 
「見よっ!この蹴伸び!!」
「あれ、足が動いてしまうぅ…」
 
蹴伸びでスイ~ッ
 
プールおさめ。
最後はみんなでプールに礼!
 
 
「ありがとうございました!」
 

プール!

プール!
 
今年初めてのプール(7.5)
プール開きは、今年の目標をクラス代表が発表しました。
その後は、水と仲良くなる時間♪
 
今年のプールも頑張るぞ!!
今年のプールも楽しむぞ!!
 
去年より、ずっと水と仲良くなれそうな、2年生です♪
 
水と仲良くなる遊び ~その1~
 
じゃん・けん・・・・
 
 
ぽんっ!
 
水と仲良くなる遊び ~その2~
 
水の中に、先生が入れたフラフープの輪。
これを頑張ってくぐります。
最初は、一人ずつ。
次は、みんなで列車を作って。
楽しいやら、難しいやら。
一人でやるのは簡単だけど、
みんなでくぐるのはちょっと大変。
 
だけど、
みんなでくぐるとなんか楽しいね♪
 
プールおさめ(7.21)
楽しかったプールも、今日でおしまい。
残念だね。
もっと泳ぎたいね!!
 
水と仲良くなれたかな?
 
この表情をご覧あれ!
水とは大親友です♪
 
 
プールおさめでは、自分ができるようになったことを発表します。
 
蹴伸びがきれいにできるようになったよ!
クロールができるようになったよ!
長く泳げるようになったよ!
 
各々が、レベルアップできました。
また来年も、楽しく泳ごうね♪
 

夏の浅川探検(7.19)

夏の浅川探検(7.19)
 
夏の浅川へ、生き物探しに行ってきました!
 
みんなで魚網をもって、スタート!
 
狙い定めて・・・
 
あ、あそこにいるよ!!
 
捕れたよ~!!
 
何が捕れたかな?
ザリガニ、メダカ、エビ、タニシなどなど。
名前を知らない魚も捕れて、
何かな?と興味津々の様子でした。
 
 
捕った生き物は、教室でじっくり観察しました。
魚の形、色、模様。
ヒレの数や形。
目の大きさや形、色。
よく見ると、思っていたよりきれいで驚いた様子でした。
 

夏の西和田公園(7.1)

夏の西和田公園(7.1)
 
春に引き続き、夏の西和田公園に行って、季節を味わってきました。
 
1年生とも、ぐんと仲良くなりました。
 
大人気のぐるぐる回る遊具。
これ、なんていうんでしょう・・・
 
ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるるるる・・・・
 
ブランコはやはり楽しい♪
 
汽車型遊具も楽しそうです♪
 

春の遠足

春の遠足
 
絶好の遠足日和のなか、アグリパーク、森将軍塚古墳公園へ行ってきました♪
甘くて美味しいいちごを頬張り、「大きいのあった!」、「あっちにもあるよ! 行こう!」と、みんな笑顔が止まりません♪ その後のお弁当のことも忘れて、食べ過ぎてしまいました。
森将軍塚古墳までは、20分位の登り坂!! 「厚いー! 疲れたー!」と、みんなへとへと!!
しかし、古墳についてからの、見渡す景色は、とってもきれいで、みんな疲れも一気に吹きと飛びました。お昼は、お家の方々の豪華なお弁当を嬉しそうに食べました♪ おやつもみんなに見せたり、交換したりして、楽しく食べました。
とても楽しい思い出になりました☆
 
 
 
 
 

初めての児童総会

初めての児童総会
 
長野小学校では初めての児童総会がありました。長野小学校をよくするために、全校で意見を出し合いました。2年生も緊張しながらも、勇気を出して意見や質問を出しました。
 
 
 

春見つけに行ってきました♪

春見つけに行ってきました♪
 
進級して2年生になりました。新しく1年生が入学して、これから、お兄さんお姉さんとしてがんばっていきます。あたたかい春の日差しをいっぱいに浴びて、1年生と一緒に西和田公園に春探しに行きました。公園内をかけまわり、遊具で遊び、春の花を見つけました。体も頭も使って元気いっぱい学習しました。1年生のお世話も照れくさそうにしていました!
<<学校法人 長野日本大学学園>> 〒381-0038 長野県長野市東和田261-1 TEL:026-252-6121 FAX:026-243-7177