qrcode.png
http://www.nagano-nichidai.ed.jp/naganosho/
モバイルサイトにアクセス!
学校法人 長野日本大学学園
長野日本大学小学校
〒381-0038
長野県長野市東和田261-1
TEL.026-252-6121
FAX.026-243-7177
055551
 

3年生

 

スケート教室

スケート教室
 
 毎年恒例となったスケート教室。今年もスピードスケートなどで盛り上がるエムウェーブで滑走をしてきました。1年ぶりという事で、最初はおどおどしていることももいましたが、だんだんと慣れてきて、友達とかっこよく滑ったり、優雅に滑ったり、いつも学校で遊んでいる友達とスケートを楽しめて大満足の様子でした。
 

体育の授業より 8の字跳び

体育の授業より 8の字跳び
 
3学期に入ってからは体育では大縄跳びに取り組んでいることは以前でもお伝えしましたが・・・。
なかなかに回数を増やすことができずに、友だちと衝突もしあうことが多くありました。
でもだんだんと縄に引っかかってしまっても、優しく声をかけたり、上手な跳び方を教えあったりなど、協力していこうという姿がありました。
今日は3年男女に分かれて行いましたが、その結果今日100回以上を続けて跳ぶことができました。これも3年生の力だな!と思うと同時に次はいよいよ学年全員で100回以上を目指していきたいところです。
 

スキー教室

スキー教室
 
 飯綱高原スキー場へ3・4年生で行きました。現地のインストラクターの方に教えてもらいながらスキーをしました。
 3年生は3回目となると、少しづつ手慣れてきたようで、「もっと滑りたい!」という声も聞こえてきました。普段とは違って、学校の友だちと一緒に滑ることはとても楽しかったのか、終わった時にはとてもいい表情をしていました。帰りのバスでは、はしゃいだあまりぐっすりと寝てしまう子もいました。
 雪国でしか味わえないスキーをそれぞれで楽しむことができました。
 

社会科の授業より

社会科の授業より
 
 現在の社会では、日本の伝統文化について学んでいます。
それではなぜ「世界地図」が黒板に貼られているのか?
日本の文化を「世界から」相対的に見ることで、日本文化のよさにより気づけるのではということで授業が行われています。
昨夏、5年生が研修旅行で訪れたオーストラリアは南半球にあることや、アメリカの五大湖はなぜできたのか、なぜアジアとヨーロッパ二つ地域がある大陸をユーラシア大陸というのか・・・。
子どもたちからたくさんの疑問や考えが出てきました。授業の最後にはみんなが見ているいつもの地図の”逆さま”のものを掲示しました。この地図をみて不思議がる子どももいましたが、この地図を見て生活している人もいるといいます。その理由はなぜなのか・・・。
次回は、地図の違いを考えながら、だんだん「世界の中の日本」へクローズアップしていきます。
 

漢字検定前~自習勉強~

漢字検定前~自習勉強~
 
 先日、日本漢字能力検定が行われ、3年生は8級を受験しました!
8級は3年生で習う漢字200字と既習漢字を含めて、440字の漢字が対象です。
量はたくさんありますが、これらの漢字は日常で多く使われるもので、大人になっても正しく丁寧に書いてほしい字ばかりです。
 
 その中で、宿題とさらにプラスして自習勉強をしてきた子どもたちもいます。自分で辞書を持って丸付けを行い、間違えたら漢字ノートに練習してきました。意欲的で、辞書を使うなど自分の間違いを正しく見直しする姿勢が素晴らしいと思いました。
 
「もっと漢字を覚えたい」「日記や作文で漢字を使えるようになりたい」
と漢字検定を一つの目標として、子どもたちは頑張っていました。
字を正しく書いたり綺麗に書いたり漢字をたくさん入れて自分のノートが埋まっていく喜びを感じらるといいです。
そこに向かっている子どもたちの一面を感じられた日でした。
 
 
 

茶道教室

茶道教室
 
今年で3回目となった茶道教室。会場は学園の高校にある作法室で行いました。
 年に1度の教室という事で、お茶会を楽しみにしている子や、中には一緒に食べることのできるお菓子を楽しみにしている子どももいました。

作法室に入るときの一礼から始まり、まずはそれぞれのあいさつの確認から始まりました。一年ぶりのことでもあり、少し忘れていることもあったみたいです。それでもお菓子やお茶をもらう場面では、しっかりと頭を下げて「よろしくお願いいたします。」「ありがとうございます。」を言う事ができていました。まずは、甘い茶菓子を食べ、そして少し苦みがあり風味のあるお茶を飲み、「甘いお菓子の後のお茶はまた口がすっきりしておいしいね!」という子どももいました。食後も、適当にやるのではなく、しっかりとお礼をして終えることができていました。

そして、今年から新しく学んだ作法は扇子の使い方。お茶会が始まるとき、終わるときの扇子の置く場所を丁寧に教わりました。中には初めて持つ扇子にテンションが上がる子どももいましたが、作法の際にはきっちりと行うことができていました。

今回の茶道教室で学んだ礼儀作法を、普段の生活にも活かせるといいですね。

 

総合的な学習の時間 自分の地域調べ

総合的な学習の時間 自分の地域調べ
 
1年にわたり、善光寺に始まり、鬼無里、戸隠と長野市について調べていましたが、締めくくりとなる3学期は自分たちが住んでいるそれぞれの地域について調べました。
今までと違い、一人ひとりで調べまとめる作業だったこともあり、どうしたらよりよく伝わり見てもらえるか試行錯誤しながら作成をしました。
最後はみんなの前で発表をしました。「初めて知った!」「こんな風になっているなんて知らなかった」「自分の住んでいるところにはこんなにすごいひとがいるんだ!」とみんなの発表をきいて、知っているようで知らなかった自分たちの住んでいるところについて、知ることができました。
今回のことをきっかけに自分たちの住んでいるところにより興味を持ってもらえると嬉しいですね。
 

体育の授業より

体育の授業より
 
3学期に入ってから大縄跳びに取り組んでいます。
始めたころは、なわに入るタイミングや跳ぶタイミングがつかめず、10回も満足に続きませんでした。
うまく跳べる子どもが声をかけながら、全員で跳ぶタイミングで息を合わせ、毎時間チャレンジをすることで、回数が続くようになってきました。
今後の体育の授業でも、全員が連続でより多く、何十回も跳べるように、子どもたちがで力を合わせて取り組んでいきます。
 

社会見学 長野市立博物館

社会見学 長野市立博物館
 

3年生では、昔の人々のくらしを現在学んでおり、それについてより調べ、より深く学ぼうという事で長野市立博物館へ行きました。

2つのグループに分かれて見学をしました。1つは昔の人々が実際に使っていた民具のガイドです。昔は洗濯板と桶を使って衣類を洗っていたこと、また、今でもどうしても落としたい濃い汚れは洗濯板で落としているんだよとも、教えてくれました。他にもローラー式洗濯機や白黒テレビを見て、今のくらしのものとは全然違うけれども、たくさんの知恵や工夫を見て取ることができました。

もう1つは、炭火アイロンの体験です。指導員の方にやり方やどうやったら炭を入れて使えるのかを、詳しく教えてもらいました。実際にやってみると普段からあまりアイロンを使う場面もないのでとても苦戦していましたが、しわの伸びたきれいなハンカチに「すごい!」といった声をあげていました。

最後は博物館内を自由に見学しました。こまやだるま落としなどの昔の遊びや、着物や鎧を着てみたりして、雰囲気を楽しんでいました。心身でしっかりと感じ、学ぶことができました。

 

図工の時間 秋のかげ

図工の時間 秋のかげ
 
図工の時間で、模造紙から自分の形を切り取り、自らの影と見立てて、秋らしいデコレーションをしました。
まずは切り取りから。いきなり子どもたちは大興奮!自分の周りをかたどられるときは、くすぐったいのか思わず笑ってしまう子もいました。
次は切り取った”かげ”に秋らしく色付けをしていきました。真剣に取り組んだり、時には友だちや先生に見せ合い、楽しみながら作成をしました。
色を塗ったかげに今度は秋といえば”紅葉”ということで、西和田公園にもみじやいちょうなどの落ち葉を拾いに行き、その葉っぱを自分たちのかげに貼り、より”秋のかげ”らしく仕上げました。
貼っている最中には、もみじを組みあわせてかわいらしい形をつくったり、人間の体の一部のようなものに見立てている子もいました。
完成した”かげ”は3年生それぞれの個性が詰まっていて、今にも元気に動くのではないかと思うくらい、色鮮やかな”かげ”たちです。
 

国語 書写の学習

国語 書写の学習
 
 3年生から書写の授業が始まります。書写の授業は前副校長でもある牧先生が担当しています。筆の持ち方、姿勢など1から基本をならい、子どもたちは日々心を込めて字を書いています。
 この日は「光」という字を書きました。まげてさいごはねるところのバランスに苦戦しながらも、一文字一文字をていねいに取り組み、清書が終わると、「いい字が書けた」と納得の表情をしていました。年明けには書初めもあります。これからも字に心をこめて、筆を走らせます。
 

総合的な学習の時間 戸隠校外学習

総合的な学習の時間 戸隠校外学習
 
 今日は総合学習の一環で戸隠に行ってきました。3年生では自分たちの住んでいる長野市の魅力を知るため、戸隠に注目しました。
 「神社チーム」「天の岩戸チーム」「そばチーム」「忍者チーム」「竹細工チーム」の戸隠の有名な5つのものの自分が興味あることを調べることにしました。チームで協力しながらこの日まで資料やインターネットを通じて、どんなことを見たり聞いたり、調べました。
 5つのチームそれぞれ、自分の目で見て、たくさんの質問を聞いて、自分たちの疑問を解決して楽しく調べ学習をすることができました。
 お昼は3年生全員で「そば打ち体験」をしました。そばをこねるところから始まり、伸ばす、切るまでグループで行いました。職人さんの手つきに驚き、また自分たちの力ではうまくこねたり伸ばしたり、そばの細さにきることに苦労しましたが、協力して作ったそばは、苦労した分だけおいしかったのか、子どもたちは充実した顔をしていました。うどんのように太いそばもいい思い出となったようです。
 一日を通して、戸隠の魅力をたくさん知ることができました。今回調べたことを次はグループで新聞へとまとめていきます。
 

リンゴ農家 社会見学

リンゴ農家 社会見学
 
 現在、社会科では農業について学んでおり、長野県内でも収穫量の多いりんごの農家さんについて学習しています。
 社会の授業は校長先生が担当しています。資料や実際のリンゴを用いながら、子どもたちは仲間と共にりんごについて何が知りたいのかを考えて今回リンゴ農家さんのところへ見学に行きました。
 リンゴ農家さんの作るための工夫やどんなりんごがおいしいのかの見分け方を知れて子どもたちは農園内を散策する際には、「このりんごがおいしんだね!」と興味津々で見ていました。最後はシナノスイート・シナノゴールド・あきばえの信濃三兄弟のりんごをいただき大興奮!見て聞くだけでなく、味わいながら学習をすることができました。
 

スーパーマーケット社会見学

スーパーマーケット社会見学
 
ながの東急ライフのスーパーマーケットに、社会見学に行きました。「スーパーによく行くのは、必ず理由があるはずだ!」と、教科書からスーパーの工夫を予想し、自分の目で見て耳で聞いてインタビューして、確かめました。バックヤードでは、普段の業務についてお話をたくさんしてもらい学習は深まりました。野菜果物のラッピングされるところに注目をしたり、鮮魚コーナーでは魚の3枚におろされるところを見て目を丸くする子どももいました。大好きな精肉コーナーでは機械で肉が均等に切られるところに興奮していました。当たり前と思っている生活は、こういう仕事・気持ちにより支えられていることに気付きました。
 

校外宿泊体験(鬼無里民泊)

校外宿泊体験(鬼無里民泊)
 

総合の学習で鬼無里を題材に、調査活動をしました。そして『いろは堂』さんでおやき作り体験。図工の特別授業もしてもらいました。手作りでやきたてのおやきはおいしい!その後は2年生の時からお世話になっている鬼無里のおじいちゃん・おばあちゃん先生のお家へ民泊体験に行きました。豊かな自然環境の中、楽しく農業のお手伝いをし、地元の食材を味わいました。友達とのお泊りはドキドキです。あわてず助け合える、優しくていい仲間たちと一緒に。貴重な体験をさせて下さった鬼無里の皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

<<学校法人 長野日本大学学園>> 〒381-0038 長野県長野市東和田261-1 TEL:026-252-6121 FAX:026-243-7177